3rd QUATER

40代。人生後半戦。そろそろ本気で楽しめ。

真夏の毎週釣行 2020年8月

こんにちは。K+です。

 

前回のデビュー戦回顧録に続いて8月編です。

デビューが5月31日。6月に何度か出かけましたが海が荒れててすぐ戻ったり、ライントラブル、ロッドトラブルで釣りにならなかったりなど、実態として釣りできた時間はほとんどありませんでした。

 

 

8月8日(土)

結局、海の状況と自分の都合でようやく再開できたのは8月8日。しばらくブランクがあって準備の手順も手際が悪い。ただデビュー戦で度々顔を出してくれたワカシたちはあれから2ヶ月もたっているから、だいぶサイズアップしてくれてるだろうと言う期待はありました。

 

いつものように江の水前からエントリーしてちょっと江ノ島に近づいたあたり。裏磯まで達さないあたりでちょっと投げてみる。おお、ニューロッドなかなかいい!6月に鱒レンジャーはご臨終しておりましたのでボートシーバスのロッドを新調しておりました。詳しくは初期投資「釣具」編へ。

 

www.3rdquater.info

 

使用していたのはダイワのTGベイト45g グリーンゴールド。ちょっと沖に流されたあたりで最初のあたり。ちっちゃい。でも嬉しい。戻って来た実感。

あがってきたのはちっちゃなホウボウ。くうくう鳴いてる。まだまだちっちゃいからリリース。ただ結構釣り慣れていないため、釣った後の手順もままならない。

 

この1匹で少し勇気をもらえました。と言うのも、ショアの時と同じ釣り方で釣れたから。ニューロッド(6.8フィート)を味方につけ、結構遠投して、ショアジギングのようにアクションしてたら来たんです。

次も同じように遠投。すると数アクションでまたヒット。今度はそこそこのサイズかな。歓喜の言葉をつぶやきながら、ワカシかな?と思っていたらあがってきたのはまたまたホウボウでした。

f:id:truethinme0226:20200904112524j:plain

これは持って帰れるサイズ。デビュー戦のヒラメ以来のお土産です。しかしここでも釣った後、次のキャストまでひどく時間がかかりました。ランディングネットにめちゃフックが絡まる。そして派手な前ヒレにも糸がめっちゃ絡まってた・・・。そうこうしているうちに時合いは終了してました。

結局この日はこれで試合終了。ホウボウは捌いたこともなかったので、かなり苦戦しましたが、刺身とアラの味噌汁で全身美味しくいただきました。

f:id:truethinme0226:20200904113513j:plain

 

8月10日(祝)

味をしめて2連続釣行。自転車圏内というのはこれが当たり前にできる。恵まれてる環境だなあとつくづく思う。昨日と似たような場所から始めてワカシやホウボウを狙った後、後半は浅場でマゴチを狙おうというプランまで作っていました。それに向けて前日最寄りの上州屋でビーチウォーカー「ハウルシャッド」なるものを購入していました。

 

朝まずめ。ワカシ祭りでした。投げればひたすらワカシが釣れる。私の場合、釣った後の処理に時間がかかるので、結局5匹くらいでした。持ち帰ったのは30cmを確実に超えている3匹。ヒットルアーは昨日と変わらずダイワのメタルジグTGベイト45g、グリーンゴールド。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ TGベイト 45g PH グリーンゴールド 【メール便 / 代引不可】
価格:1515円(税込、送料別) (2020/9/4時点)

楽天で購入

 

f:id:truethinme0226:20200904114416j:plain
早々に本数が揃ったことで調子乗った私は、ちょっと深場を攻めようと沖へ繰り出すと、江ノ島裏磯沖へ。なかなか深場の釣りは難しい。まだまだ自分の釣りじゃないな、と思ったその矢先にあたりが!でも乗らない。・・・そして切られてる。そう。TGベイトごと持って行かれてしまいました。調子に乗るといいことない。

 

撃沈した私は、予定通り、ビーチウォーカーでマゴチ狙いに切り替えます。結構浅場まで戻り、この時間になってようやく出て来た潮目を狙ってキャスト繰り返します。すると一発大きいあたりが!きた!マゴチだ!でかい!よしランディング!と思った矢先、SUPの目の前で針は外れて行きました・・・。トラウマになりそうなバラし劇。朝の勢いはどこへやら。落胆しきりで帰宅。ワカシは食べる方で評判よくないので期待してませんでしたが、刺身とバター醤油焼きにして美味しくいただきました。バター醤油は醤油入れすぎましたが・・・。

 

8月15日(土) 

結局1週間、目の前で逃したマゴチの幻影にうなされることとなりました。この日はそのトラウマを克服すべく、再びマゴチを狙うことを決心します。でもやはり朝は青物。先週のワカシ入れ食いに気をよくしすぎる自分。

そうそう、先週失くしたTGベイト45gは最寄りの上州屋へ補充しに行きましたが、グリーンゴールドはなく、ピンクゴールドで我慢。一緒にジグパラのブルーピンク30gも購入して層を厚くします。

 

朝一の時合い、あっさりとワカシが釣れるとばっかり思ってたらまるで釣れない。「こんなはずじゃないんだけどな」とまだ先週をひきずるK+。

まるで釣れないため、深場の様子を見にいくも、こちらもまるでダメ。先週と違うじゃん、と愚痴りながら、海の状況は毎日同じじゃないことを悟る。

結構な時間ノーバイトが続いたので焦って来た。後半はマゴチ狙いの予定だからちょっと早めに浅場に戻っておく。オンショアに流されながら釣りしていると、ちょうど片瀬漁港の堤防先端あたりから岸と平行に綺麗な潮目を発見。そっちむかって買ったばかりのジグパラをキャストすると、数アクションでバイト!結構重いぞ。ひょっとして・・・先週のトラウマが頭をよぎりなんども念入りに合わせを行う。あがってきた魚影は50cmクラスのマゴチ!無事ランディングネットに入れることができた。渾身のガッツポーズ。

今日はこの一本だけだけど大満足。ビーチウォーカーに切り替えて本格的にマゴチ狙いにシフトする前の出来事だったけど、もうそれもどうでもいい。結果オーライなのさ、釣りなんて。笑

f:id:truethinme0226:20200904122110j:plain

f:id:truethinme0226:20200904122131j:plain

捌き方がわからなかったけどYouTubeみながらなんとか刺身の形へ。

美味しくいただきました。

 

8月16日(日) 

 前日のマゴチの余韻を楽しみつつ、今日も前日と同じ組み立て。朝まずめは青物。7時過ぎからマゴチにシフト。

幸先よく、いいサイズのワカシが釣れた。TGベイト45g。補填で買ったピンクゴールド。早速お土産ができる。でもいつかのようにバンバン続かない。釣りは甘くないね。

しばらく、場所を変えたりルアーを変えたりしたけれど結局何も釣れないまま。気がつけばもう7時、ビーチウォーカーで浅場狙いにシフトする。思ったより浅場も流されて狙った潮目で複数回、投げつづけられない。気づいたら後方に違う潮目が現れてたりする。今日もそんな感じで、後ろにも潮目あるじゃん、と思ってそっちになげたら、見事にヒット!昨日より1回り小さい40cmクラスのマゴチでした。

f:id:truethinme0226:20200904123037j:plain

マゴチはバラし含めてこれまで3回バイトがありましたが、かなり浅場でヒットしている印象。具体的には「岸からの距離」という基準で言うと、片瀬漁港の先端付近でのヒットばかりでした。一応データベースとして。

 

両方刺身にしたら「紅白刺身」になりました。

f:id:truethinme0226:20200904123213j:plain

このワカシ、(ワカシのくせに)脂が乗っててめちゃうまかった!

 

8月21日(金)〜22日(土)

仕事がテレワークの時は、通勤時間が不要。これはSUPフィッシングで有効活用だ、ということで行きました。初めて知人とともに出撃。・・・が結果はまったくだめで、朝一にワカシ1本(血抜き中に逃げられると言う失態)、その後ショゴ1本(リリース)のみ。ショゴは「かっこいい魚体ですよね〜」(金森さん風)。もう少し大きかったら持って帰ってたのですが・・・。

f:id:truethinme0226:20200904123634j:plain

そして翌日土曜はまるでダメ!あたりも何もない。

海上ですれちがうSUPフィッシャーさんたちも、みんな戸惑われているようでした。うん、スランプかな〜。

 

8月29日(土)

再び知人とともに出撃。序盤の浅場はまるで反応なし。知人のもつ魚探にも魚影はないとのこと。先週と同じ展開が頭をよぎり始める。江ノ島裏磯沖まで出ても、釣れる気がしない。ノーバイトのまま1.5時間ほど経過。知人が「もっと深場へ冒険しますか」と提案。確かにここに固執してても、先週と同じ結果になるだけかもしれない。

 

初心者2人の決意はものの5分で折れる。潮の流れが早く、沖に向かって漕いでも進まないのだ。「方角を変えましょう」。目の前に岸と平行に辻堂方面に綺麗な潮目が続いている。ここに沿って進んでいくことにしました。するとエサ釣りしている親子相乗りSUPを目撃。水面にベイトがキラキラ。生命感もあるしここで一度やってみよう。水深は20〜30mの幅らしい。駈け上がりで急深になっているのかもしれない。そしてこのクラスの深場は何気に初めてかもしれない。いつもの釣りが通用するのか。

 

親子SUPとソーシャルディスタンスをあけ、ジグパラを投げる。一発目のヒットはフグ・・・。当然リリース。

 

しばらくすると親子にヒット。見えないけど「大きい」と騒いでいる。羨ましい。

 

そのうち今度は私もヒット。今度はフグじゃない。水面に見えたシルエットで知人には「ワカシ」と伝えたけど、ランディングしたら全くワカシじゃない!恥ずい。そして正体は尺アジでした。湘南でアジングは成り立たないと言われる中、奇跡的かもしれないこのサイズ。しかも「スレ」じゃなかったし。あとで家で計測したら36センチ。直前に親子に釣れていたのもこの類か。

f:id:truethinme0226:20200905120336j:plain

その後、ホウボウ・鯖・ホウボウ・ホウボウと立て続けに追加し、かつてない大漁で終了。ヒットルアーは全てジグパラの30g。ブルーピンク。コスパ抜群。水深30mでは底とるまで時間かかるけど、釣りの内容はそのままショア式で通用したことに手応えです。

 


 

アジはお刺身で、ホウボウは煮魚で。残りの鯖とホウボウ2尾は実家や近所におすそ分け。

f:id:truethinme0226:20200905122918j:plain

f:id:truethinme0226:20200905123206j:plain

40センチ級の良型ばかりでした。前ヒレの抵抗でなのか、めちゃくちゃひくよね。釣り的にも楽しめるし、味も絶品。いい魚です。